安価で変形自在!便利なマイクロヒーターについて|The Material

様々な形状の物を温める

会社や共同住宅の水道管や貯水タンクを凍らせない為に温めたいけれど、どんな素材がいいのだろうとお考えではないですか?そのような複雑な形状のものを温める時にはマイクロヒーターが有用です。このサイトでは、マイクロヒーターについてどのような場面で使用できるのかや費用相場について解説しています。

マイクロヒーターQ&A

重ねて巻き付けても大丈夫?

重ねて巻き付けてはいけません。熱伝導率が悪くなります。

どこに保管すればいい?

基本的に屋内での保管をしましょう。屋外や床に放置しないでください。

錆びてしまったら?

ヒーターを取り付ける前に錆を取ってから使用してください。ホコリ等も取ってから使用しましょう。

幅広い現場で使用

ヒーター

マイクロヒーターとは針金のように自在に曲げることができる長い極細のヒーターです。床暖房でも使用される他、配管などを温めるためにも使用されています。形を自在に変えることができるため加工がしやすく、最高温度500度までに対応しており、稼働までの時間も短いため、さまざまな現場で使用されています。

比較的安く購入が可能

暖房器具

マイクロヒーターの相場は、だいたい150cmで1万円前後、350cmで1万5千円前後で購入することが可能です。長いものは850cm程度のものをあるため用途に合わせて購入するといいでしょう。まとめて購入することで割引してくれる業者も多く、購入する際は必要個数を予めチェックしてまとめて購入すると費用を抑えることができます。耐久年数も重要なため、サイズ以外に素材のグレードなどもチェックしてから購入することが大切です。

外径によって種類が違う

マイクロヒーターは極細の針金のような形状ですが、これと似たものにシーズヒーターがあります。シーズヒーターもマイクロヒーターもニクロム線などの発熱素子を金属のパイプで覆った構造になっています。大きな違いは太さであり、シーズヒーターは直径が0.6cmから3cmとやや太めであり、マイクロヒーターはこれよりも細く0.1cmから0.8cmになっています。シーズヒーターは巻き付けたりする用途ではなく、溶液などに直接入れて加熱する用途で使われることが多いヒーターです。

マイクロヒーターで出来ること

マイクロヒーターは瞬時に温度を上げることもでき、温度調節も可能です。曲げたり巻き付けたりするのが容易なため、寒冷地の水道管などの凍結防止に使用されたり、貯水タンクの保温に使用されることがあります。また、油圧オイルの粘土調整にも活用されています。周りに巻きつけるという方法で、間接的に内容物を保温加熱することができるため、活用の用途が広いのが魅力です。既存のものに巻きつけることで保温加熱を行なうこともできますし、湯沸かし器など製品に使用することもあります。

アルミ鋳物はプロにお任せ!
オーダーメイドでの注文が可能☆

白瀬鋼管株式会社

ホーニング加工を行ってくれる業者を探しているならコチラがイチオシ!最先端設備を使った高品質な作業を実施していますよ。

サンケミカル株式会社

新商品などを事前に確認できる!酸化チタンの注文がしたいなら利用してみよう☆

広告募集中