【精度は抜群】穴を仕上げるならホーニングが一番!|The Material
HOME>記事一覧>【精度は抜群】穴を仕上げるならホーニングが一番!

穴を高精度で開けたい

自社の製品に高精度で穴を開けたいと考えているなら、ホーニング加工を検討しましょう。ここではホーニングを業者に依頼するときの知識をご覧ください。

ホーニングの素朴な疑問

ホーニングできる素材は?

鉄やアルミ、ステンレスなどはもちろん、他にも様々な素材でホーニングが可能です。

ホーニングで加工できる寸法はいくつまで?

加工可能な寸法は業者によって異なるので問い合わせてみましょう。内径800mm前後が一般的です。

どのくらいニゲが必要?

加工内径によって変わりますが、φ3.5~φ9までなら5mmほどのニゲが必要になります。

ホーニング

高精度な内径加工

ホーニング加工とは、砥石が取り付けられた円形の軸を持った設備で、金属などの内径を精度よく研磨して、寸法を出す加工方法です。円柱形の内径の寸法精度を出すことは非常に難しい作業になりますが、日本が世界に誇れる部品の寸法精度を出すことが可能です。このホーニング加工によって量産品にも対応でき、部品のバリ取りにも使えます。設備と精度によっては一回の往復動作だけで部品の内径を研磨でき、この加工方法はワンパス加工と言われます。

加工用設備の説明

日本のホーニング加工設備の技術は非常に進歩しており、1ミクロンの公差を要求される加工にも対応できます。そこで、自動車部品や航空機部品・医療機器・建築などの重要な部分の部品加工に使用されています。機械は砥石が取り付けられた主軸が往復運動をする構造ですが、その往復運動の精度の良さと砥石によって精密部品の加工をします。砥石には超砥粒ダイヤモンドも使用し、エンジンシリンダーの仕上げ加工などに利用されています。工業新聞にはこのホーニング加工設備の特集がたびたび組まれています。

加工業者について

日本にはホーニング加工を専門に行っている企業は何社もあり、大手の専門業者だけでも10社以上の企業があります。各社、特徴があり自動車部品を大量に手掛けている業者や技術サンプルを専門に、高精度な加工を行っている業者もあります。大手ではホームページからの加工依頼を受け付けている所もあり、技術的な相談に対しても回答してもらう事ができます。設備の精度だけでなく技術者の腕前も重要になる加工技術です。

広告募集中